日焼け止めを使い分けよう

しみは、紫外線の影響を防止することで防ぐことができます。紫外線は肌のメラニンを増やす原因となっているので、日焼け止めを使って紫外線の影響を防止してみるとよいでしょう。日焼け止めを使えば、肌の奥まで紫外線が侵入することを防止できるので、しみができてしまうことを強力に防げるようになるのです。日焼け止めの中には、屋外で活動するときに利用するもの以外に、室内にいるときの使用に適したものもあるので、使い分けてみるとよいです。

使った後はしっかりと洗う

日焼け止めを使った後には、しっかりと洗い流すようにしましょう。一日の終わりにはお肌を洗うことになりますが、この時日焼け止めをしっかりと洗い流すことができないと、成分が皮膚に残留してしまいしみの原因となってしまうのです。特に水に強いタイプの日焼け止めを使っている人は、クレンジングを使って洗い流すように気を付けてみるとよいです。クレンジングでお肌をマッサージしてから石鹸を使えば、成分を綺麗に取りきることができます。

状態や肌質に合ったものを選ぶ

日焼け止めは、状態や肌質によって選ぶことで最大の効果を発揮してきます。屋外に長くいる人は、ウォータープルーフタイプの物を購入してみましょう。このタイプのものは水に強くなっているので、汗をかいても持続的な効果を期待することができます。また、敏感肌の人は肌に刺激のない成分でできている敏感肌専用の日焼け止めを選ぶことで、刺激を感じることなく使用できるのです。刺激を感じないことはしみを作らないことと直結しているため、選び方に気を付けてみましょう。

しみの対策で重要なのは紫外線をなるべく浴びないようにすることですので、対策グッズを上手く活用することが大切になります。