日光は、極力避けたい

しみを発生させない為に、日光を極力避けることは有益です。日焼けは、見た目だけで言えば小麦色の健康体に見えるかもしれませんが、実は単なる火傷です。火傷をしている訳なので当然肌へのダメージは甚大で、後にしみとなって自分に返ってきます。ただ部屋に引きこもるなど全く日光に当たらないとビタミンDの生成ができず健康に悪影響が出るので避けます。あえて日光に当たることだけを避け、帽子などで適度に遮断すれば問題ありません。

栄養面を考えてシミを予防

シミ対策の上で欠かせないのが、栄養面を中心とした健康的な生活です。特に栄養面では、ビタミンAを積極的に摂取したいです。ビタミンAはメラニンの沈着を妨げる働きがあるので、シミが発生しにくくなります。人参やカボチャなどに多く含まれますが、脂溶性ビタミンなのでなるべく油で炒めるなどして摂取したいです。もちろんビタミンAだけでなく他のビタミン・ミネラルも忘れてはなりませんし、十分な睡眠など基本的なことはクリアする必要があります。

美容外科にて、しみを消す

一回発生したシミは、経年によって薄くなることもありますが、なかなか消えるものではありません。しかし、美容外科ではレーザーでしみを薄くしたり消すことができます。しみによって常にストレスを感じていたのであれば、消してしまうことで解放されます。まずは近くの信頼できそうな美容外科でカウンセリングを受けると、内容や予算が大体分かるので一度相談してみると良いです。対策は早ければ早いほど良いので、これから目立ってきそうなシミは早いうちに消しておきたいです。

しみは肌に生じた色素沈着の俗称で、治療は患部の切除やレーザーの照射が一般的です。しみの治療は患部に強い刺激を与えるため、事前の検査を受けたうえで体質に適した方法を選ぶことが綺麗に仕上げる秘訣です。