そもそも美容液の役割って?

美容液とは、肌に有効な成分を角質の奥まで届けるという役割のスキンケアアイテムです。そのため、美白効果・乾燥による小じわを防ぐ・シミの予防をしたいといった目的に適しているものです。通常、美容液の使い方は、洗顔後の顔に最初は化粧水で水分を与えた次の工程で使います。その後に、補った水分や有効成分を肌に閉じ込めておくために油分を含む乳液やクリームなどを塗って、蒸発することを防ぎます。しかし、商品によっては、化粧水の前に美容液を使うこともあるので、事前に確認しましょう。

たくさんある美容液。どれが合うの?

現在、ドラッグストアやデパートなどで売られている美容液の種類は数え切れないほどあります。自分にどの美容液が合うかをひとつひとつ確かめたのでは、時間もコストもかかりすぎてしまいますよね。そこで、自分の肌や目的にあった美容液の選び方をご紹介します。乾燥や小じわなどが気になる方には、セラミドやヒアルロン酸の配合された保湿タイプのものをオススメします。日焼け予防やシミ対策には、ビタミンC誘導体などが配合された美白美容液をオススメします。

より効果的な美容液の使い方とは?

自分に合う美容液を見つけられたら、その効果を最大限に利用したいものですよね。美容液のさらなる効果の引き出し方は、美容液の前に使う化粧水を十分に肌になじませることが大切です。両手でやさしくプレスしていくように肌になじませていきます。そうすることで、美容液がより浸透しやすくなります。そして、一度に多くの量をつけるのではなく、少量を丁寧に重ねていくようにしていくと浸透が早いです。そして、美容液だけに限りませんが、このようなケアを毎日続けていく事がなにより大切です。

美容液とは、肌を美しく保つ為の基礎化粧品です。肌の潤いを保つものや、アンチエイジング効果のあるもの、美白効果のあるものまで様々です。使用する事により、肌を若々しい状態に保つ事ができます。